食道から(食道チューブ、カテーテル)

首のよこからチューブをいれ、食道へながします。

一度設置手術をすれば長期にわたっておこなえるため、近年はメジャーな方法になりつつあるようです。

 

メリット

長期にできる。(メンテナンスをしっかりすれば最期まで可能)

鼻チューブより太いので給餌時間を短縮でき、猫にも飼い主にも負担が少ない。

設置手術はごく短時間、麻酔の量もごくわずかなため、腎臓や肝臓にハンデがあったも設置可能。

設置場所が首なので、エリザベスカラーなどは不要なケースも多い

 

デメリット

短時間とはいえ、設置手術が必要。

神経質な猫ちゃんだと保護服やカラーが必要

チューブの清掃や管理に気を使わねばならない

ごくまれにチューブの交換が必要になることがある

PAGE TOP ↑